FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府と集団ストーカー

非常に基本的な事実ですが、日本政府は集団ストーカーシステムに主体的に関与しています。
何故か、この現実を受け入れられない被害者さんが多いので不思議です。

日本政府および、集団ストーカーシステムを運営する日本の裏勢力は、集団ストーカーに関するすべての犯罪を創価学会のせいにするという情報工作を行っています。多くの被害者さんは、その工作にまんまと騙されているのです。

ドレファス作戦(Operation Dreyfus)と集団ストーカーに関する情報工作の類似性

創価学会が集団ストーカーシステムに関与していること、創価学会とのトラブルにより集団ストーカーが始まるケースが多いことは事実です。しかし、宗教トラブルで集団ストーカーが始まるのは創価学会だけではありません、私は他の被害者さんの中で統一教会、イエズス会とのトラブルで被害が始まった人を知っています。

また、私を含め原発やオリンピック関係、有力者とのトラブルなど、宗教以外の問題で集団ストーカーが始まる人も多いです。
集団ストーカーシステムを創価学会だけで説明するのは不可能です。
また、創価学会が集団ストーカーに関与していないというのも嘘です。

補足:集団ストーカーの正体 ウォーカーの仮説 決定版!!


「集団ストーカー」という名称について

集団ストーカーの本質は、
「国境を超えた超法規機関と各国政府合同による、一市民に対する組織的な精神破壊工作および、人体実験」です。

「集団ストーカー」という名称事態が、この犯罪の本質を隠すための情報工作の可能性が高いです。
「家庭内暴力」を「DV」と表現するのと似たようなものです。

補足:集団ストーカーの目的 『人類を完全に支配するための総合実験』


アメリカにおける集団ストーカーシステムを参考にしてみると…

海外には集団ストーカー犯罪の先進国が多く、集団ストーカーに関する情報が割と出てきています。

アナウンス原稿

世界的に同時に起きている集団ストーカーには内部告発者がいます。
海外の内部告発者の一例を挙げると、元米陸軍ジュリアン・マキニー、元台湾陸軍中佐アラン・ユー、
元CIA、元モサド、カール・クラーク、元FBI特別捜査官 テッド・L・ガンダーソン、
元MI5科学者 バリー・トロワー博士などなど。内部告発者の肩書を見ればわかるように、
集団ストーカーシステムには、軍・諜報機関、研究機関が深くかかわった国家レベルの秘密プログラムなのです。

(引用終わり)

補足:集団ストーカー ライブラリー 

次に、アメリカのケースを見てみましょう。
アメリカで集団ストーカー・テクノロジー犯罪に関与しているのがわかっているのが。

DARPA、CIA、NSA、FBI などです。
テクノロジー犯罪には主に3つのレベルがあると管理人は考えています。

テクノロジー攻撃の装置は

1 簡易レベル
2 大手企業・一流大学・軍事レベル
3 表に出ていない裏の軍事レベル


スカラー・スケイラーはレベル3で素人にはわかりません。
創価学会の工作員が利用できるのは1レベルまででしょう。

思考盗聴技術などは2~3に値します。
私は集団ストーカーシステムには先端テクノロジーの人体実験の側面があり、2~3の軍事技術が主に使われ、情報をかく乱させるために1の簡易的な技術も並行して利用していると考えています。

まずは、思考盗聴について見ていきましょう。

思考盗聴技術を信じられない方はこちら→思考盗聴・テクノロジー犯罪に関する 特許



思考盗聴技術のスポンサー 

元台湾陸軍中佐アラン・ユー氏による「EMRマインド・マシン」についての報告 その1

 ところで、私は最近『Zapping of America(アメリカの急襲)』(著者、ポール・ブローダー)という本に載っていた貴重な情報を目にした。それは76年6月22日のナショナル・エンクワイア誌に載った内部情報であった。それによると、アドヴァンス・リサーチ・プロジェクト・エージェンシーは73年以来、脳の磁気波を解読することにより〃遠隔から思考を読む〃事のできるマシン開発プログラムのスポンサーであるという。このプログラムに参加する科学者は、「自分の研究の最終目標は脳全体のコントロールである」と公言している。

(引用終わり)

アメリカではDARPAの前身ARPAアドヴァンス・リサーチ・プロジェクト・エージェンシーは73年以来、脳の磁気波を解読することにより〃遠隔から思考を読む〃事のできるマシン開発プログラムのスポンサーをしていました。
今は2017年です。44年間でどれだけ進歩しているのか…。

【重要】テクノロジー犯罪を解明する一つの鍵 国防高等研究計画局(DARPA)とは?

また、CIAも思考盗聴に関する技術を大学から買い取ったりしています。
つまり、思考盗聴技術は軍事・諜報機関の機密システムであり創価学会などに運営を任せるはずはないのです。
大手企業や警察が思考盗聴システムを一部利用している可能性はありますが、それは恐らくレベル2の技術あるいは部分的なアクセスのみでしょう。やはり、思考盗聴をはじめとした先端テクノロジーは軍・諜報機関・秘密結社が担当している可能性が高いです。よって、思考盗聴システムの運用は創価学会ではなく、日本政府(軍・諜報部)の関与が主体はだと私は考えています。

アメリカで思考盗聴システムに関与しているのがわかっているのは、今のところCIA,NSA,DARPAですが、これを日本に当てはめてみましょう。

アメリカ    日本

CIA      内閣情報調査室
NSA     防衛省情報本部 電波部

その他

FBI      公安


おまけ

中央情報隊

マークがポイント。


管理人コメント

結局何がいいたいかというと、集団ストーカーシステムの答えを知るにはこの世の支配構造を知る必要があるという事です。創価学会は日本を支配していません、この組織はいつの時代にも存在した真の権力者の汚れ仕事請け負う組織の1つに過ぎません。世界中で起きている集団ストーカーを創価学会だけで説明するのは不可能です。

集団ストーカーに利用されている思考盗聴及び、遠隔テクノロジー攻撃は軍事技術です。
これを政府が認めるわけがありません。また、政府が主体的に市民へのテロ及び人体実験に関与している事を認めるわけはないのです。確かに、創価学会が簡易的なテクノロジー兵器でターゲットを攻撃するケースもあります。

しかし、それは主にレベル1の簡易技術です。
レベル2~3の遠隔攻撃は数キロ先のターゲットに攻撃可能です。
わざわざ、装置を持ち歩く必要はないのです。



日本政府の所有者 

ウィンザー藤原連合

この勢力から独立しなければ、集団ストーカーシステムは終わらない。
米軍も日本の味方ではない。
日米協定が破られれば、日本のシステムは崩壊するようすでに仕掛けられている。

日本政府が集団ストーカーを行うはずはないと多くの被害者は思うだろう。
果たしてそうだろうか?

ローマクラブの圧力により、ペット用避妊剤を子宮頸がんワクチンと偽り子ども達に打ち込むのが今の政府です。

【永久保存版】中身はペット用避妊剤!? 子宮頸がんワクチンの真実

集団ストーカー、ペット用避妊剤、抗がん剤に含まれたマスタードガス。
私はこれらは繋がっており、日本国内の支配者を除く特定の勢力に集中的に向けられていると考えています。

ウィンザー 藤原勢力、及び 中国、朝鮮半島の李家は同族である可能性が高い。
共同で日本を支配し、自分たちにとって不都合な勢力を沈黙の兵器を利用し静かに消しているのが現状です。

日本政府は彼らの下請け機関に過ぎず、警察、自衛隊も彼らの傭兵に過ぎません。
そして、2020年以降、集団ストーカーシステムにより育てられた人員・インフラは一般人にも向けられると私は仮説しています。
彼らが不必要と認識した日本人は、全て予備被害者だと自覚してほしい。


結論:
集団ストーカーシステムはイルミナティと日本のイルミナティが共同で運営しています。
国会は劇場であり、政治家は役者に過ぎないのです。
世界連邦系の人間が集団ストーカーを否定するのも偶然ではありません。











先日、映画「スノーデン」をレンタルショップで借りてみました。
多くの人にお勧めできる映画です。
集団ストーカーでよく行われるほのめかしですが、ほのめかしているのは役者でターゲットの情報を知りません。

情報をデジタルで収集する人間、アナログで収集する人間がいてそれらの情報は一元化され、ほのめかしの脚本が作られます。
実際にほのめかすのは最下層の何も知らないロボット人間です。
彼らは脚本を読んでいるだけなのです。

ほのめかしは気にしないのが一番です。

”映画『スノーデン』を観て” + スノーデン資料

NSAが日本政府に提供した監視プログラム XKeyscore (エックスキースコア) とは ?

集団ストーカーの手法 その2 ほのめかし

スポンサーサイト

コメント

アメリカです

アメリカ政府が日本政府にさせているんです
本人たちから聞きました

Re: アメリカです

> アメリカ政府が日本政府にさせているんです
> 本人たちから聞きました

私は、アメリカ政府も集団ストーカーシステムを所有していると考えています。
また、日本の集団ストーカーシステムにも関与していると考えています。

ですが、アメリカは一枚岩ではなく、オラニエ = ヘッセン勢力、米国北軍派勢力など複数の派閥に分かれています。
どの勢力が、日本の集団ストーカーシステムに関与しているかについて、現在私は悩んでいる途中です。

前者のCIAなどは、確実に関与していると思うのですけどね。

今回の USAさんのコメントの中で、疑問点が1つあります。

・本人たち とは、だれか。

もし、音声送信による情報だとすれば、すべての責任をアメリカに擦り付けるための、情報工作の可能性があります。
アメリカも関与していると思いますが、この犯罪は日本政府にも大きな責任があります。
アメリカのせいにして終わりというわけには、絶対にさせません。

私は率直な感想として、A = B という単純な仮説にはどうも納得できません。
このシステムは、アメリカにやらさせられている…だけでは説明できません。
日本政府も積極的に関与していると、私は考えています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。