FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナチスのルーツ

ナチ党のルーツ

※必読


要約

・アドルフ・ヨーゼフ・ランツが創設した 新テンプル騎士団 (1889年設立)
・グイド・フォン・リスト が創設した リスト協会 (1908年 創設)
・帝国ハンマー同盟 の姉妹組織 ゲルマン教団(騎士団) (1912年設立) を媒介にして上記の2つの組織は融合する。

そして、トゥーレ協会 (1918年設立)が生まれる。

トゥーレ協会からナチス(1919年1月に前身のドイツ労働者党が設立) が生まれる。

※意外にも、トゥーレ協会よりも、スカル&ボーンズ (1832年設立)設立の方が早いです。





管理人は、トゥーレ協会設立の背後に,タクシスが存在したと考えています。

EU本部やトゥーレ教会とも関係が深い トゥルン・ウント・タクシス家とは?

グスタフ・フランツ・マリア・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

保留:ブリル協会もナチスと関係していたという説がある。



補足

アドルフ・ヨーゼフ・ランツ Wikipedia

神聖動物学を含む著書

1904年、彼は著書『神聖動物学 Theozoologie』を発表し、その中で病人や「劣等人種」を去勢して強制労働させるだけでなく不妊手術を施すことを主張した。 そして一方でアーリア人を「神人 Gottmenschen」と称賛した。 神聖動物学は、今日では未確認動物学と呼ばれる分野の学問をも含んでいる。 ランツは、自分のグノーシス主義的人種イデオロギーの拠り所を、聖書に求めた。 すなわち彼は、最初イヴを神聖な存在だと記述していたにも関わらず、彼女が悪魔と交わった結果「劣等人種」を生んだとしたのである。 さらにまた、彼は金髪の女性が主に「有色男性」に惹かれるのはこのせいであり、これを避けるには「人種隔離」しかなく、そうすれば「優等人種たるアーリア人のキリスト教徒が「再び有色の肌の獣人を支配」して神性に到達できると主張した。 この本の複写がスウェーデンのヨハン・アウグスト・ストリンドベリに贈られると、ランツはストリンドベリから熱狂的な返事を受け取った。 ストリンドベリはランツを「預言的発言」と讃えたのである。

1年後の1905年、ランツは雑誌『オースタラ、金髪と男性権利至上主義者のための広報 Ostara, Briefbücherei der Blonden und Mannesrechtler』を発刊し、1908年にはただ一人の著者兼編集者となった。 ランツ自身は100,000人の購読者があると主張したが、通常はこれは甚だしく誇張された数字であると理解される。 この雑誌の読者には、アドルフ・ヒトラーとディートリヒ・エッカートその他が含まれる。 ランツは、若いころのヒトラーの訪問を受け、彼に雑誌のバックナンバー2冊を渡したことがあると主張している。

ランツはグイド・フォン・リストの理論を後継し、さらに発展させている。 他にもオットー・ヴァイニンガーを熱心に支持し、その影響を受けている。

(引用終わり)

グイド・フォン・リスト Wikipedia

ディートリヒ・エッカート Wikipedia

ゲルマン騎士団 Wikipedia

<ゲルマン騎士団(Germanenorden ゲルマン教団とも)は20世紀初頭のドイツ国の秘密結社である。反ユダヤ主義者テオドール・フリッチに指導された帝国ハンマー同盟の秘密組織として、ヘルマン・ポールら何人かの著名なドイツのオカルティストたちによって1912年に結成された。

思想的には、グイド・フォン・リスト、アドルフ・ヨーゼフ・ランツの影響が大きく、スワスティカ(鉤十字)をシンボルとし、フリーメーソンに似た階層的な兄弟団組織(ロッジ)を有していた。その参入者たちには民族主義的な北方人種優越のイデオロギーと反ユダヤ主義を、オカルトや魔術的な哲学と同様に教えていた。

ゲルマン騎士団の歴史的に重要な分派は1918年8月にルドルフ・グラウアー、後に改名してゼボッテンドルフ男爵の主導の下に結成されたトゥーレ協会である。このグループはドイツ労働者党(DAP)、そして究極的には国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)に影響を与えた。

(引用終わり)

新テンプル騎士団 Wikipedia

新テンプル騎士団(しんテンプルきしだん)は、アドルフ・ヨーゼフ・ランツによって創設された反ユダヤ主義の秘密結社である。

1889年にランツが傾倒していた聖堂騎士団の名称と儀礼を踏襲した新テンプル騎士団を設立、1907年にはドナウ河を見下ろす地に聖堂を建てる。この結社は、ランツが書いた「入会者のための秘密の聖書」など10冊の手引きに基づいた手のこんだ儀礼を行っていた。

(引用終わり)

ナチス (国家社会主義ドイツ労働者党 ) とは?


トゥーレ協会 資料

トゥーレ協会 Wikipedia

トゥーレ協会 (トゥーレきょうかい、Thule-Gesellschaft)は、1918年にミュンヘンで結成された秘密結社。名称は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの『ファウスト』『トゥーレの王』にも登場する伝説の地「トゥーレ」から命名された。

超国家主義・反ユダヤ主義を標榜し、第一次世界大戦後のバイエルン州で勢力を拡大してレーテ共和国 (Räterepubliken) 打倒に大きな力を及ぼしたうえ、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の母体の1つともなった。

歴史

1918年1月に右翼政治結社・ゲルマン騎士団の委託を受けたルドルフ・フォン・ゼボッテンドルフ(ドイツ語版、英語版)により、騎士団の非公式バイエルン支部として設立された。正式名称を「トゥーレ協会・ドイツ性のための騎士団」といい、鉤十字(ハーケンクロイツ)と剣をシンボルマークとした秘密結社であった。表向きの協会の目的はゲルマン古代の研究であったが、実際にはゲルマン騎士団員ギド・フォン・リスト(ドイツ語版、英語版)によって神智学を元に提唱されたアーリア主義を範として、民族主義と結びついた異教的神秘主義・人種思想・反ヴァイマル共和国的扇動、反ユダヤ的プロパガンダを広めることだった。

会員数は1918年の時点でミュンヘンに250人、上部組織であるゲルマン騎士団のバイエルン州全体の会員数を合わせても1,500人と比較的少人数であったが、精神的影響力は大きく、民族主義団体の連合体「全ドイツ同盟」とも密接な関係を保っており、他の多くの国粋主義団体の母体となった。1918年7月にフランツ・エーア社から大衆新聞『ミュンヒナー・ベオバハター(英語版)』(Münchner Beobachter, ミュンヘン観察者)を買い取り、ゼボッテンドルフが主筆となった。この新聞は1919年8月9日から全国版を発行するほどになり、名前も『フェルキッシャー・ベオバハター』(Völkischer Beobachter, 民族観察者の意)と改めている。また、ゼボッテンドルフの弟で会員のヴァルターシュピールは自らの所有するミュンヘンの有名ホテル「フィーア・ヤーレスツァイテン」(四季の意)を協会に提供し、ここが協会の活動拠点となった。

1918年11月7日のレーテ共和国宣言に対し、ゼボッテンドルフを代表として共和国の打倒を目指す「闘争同盟」の中心となった。7人の会員がこの闘争中に共産主義者によって暗殺されたが、「フィーア・ヤーレスツァイテン」には武器が集積されてクルト・アイスナー暗殺に利用され、フライコール(義勇軍)と並んでレーテ共和国打倒に大きな役割を果たした。また、アドルフ・ヒトラーも、会員にはならなかったが1920年にこのホテルを訪れている。

レーテ共和国打倒後も協会は反ヴァイマル共和国的な思想の宣伝に努め、多くの民族主義団体設立を援助した。ナチ党の前身であるドイツ労働者党とドイツ社会党を設立したアントン・ドレクスラーとカール・ハラー、ミュンヘン大学講師で地政学者のカール・ハウスホーファーも会員であった。また、ルドルフ・ヘス、アルフレート・ローゼンベルク、ディートリヒ・エッカート、ハンス・フランクなどの、後にナチ党で重要な役割を果たすことになる党員たちも属していた。ナチ党の勢力が小さいうちはその拡大にあずかって大いに力を持っていたが、党勢拡大以降は影響力が低下し、1937年にはフリーメイソンおよびその類似団体の活動が禁止されたことに伴い、ゲルマン騎士団ともども解散したとされるが、その一方で、ブリル協会と共にナチス親衛隊に取り込まれる形でその活動領域を国家機密の分野へ潜行させたとも言われている。

(引用終わり)


トゥーレ協会 紋章

トゥーレ協会のエンブレム


ドイツ労働者党・ヒトラー・トゥーレ協会 By Clifford Shack

「知られざるヒトラー」で明らかにされているもう1つの興味深い事実は、彼のメンターであるディートリッヒ・エッカートは、かつてバラ十字会会員でフリーメイソンであったと報告されていることである。

(引用終わり)

薔薇十字会系の貴族達について

ヘッセンも薔薇十字会系です、この系統の貴族のエンブレムには、赤白2色のストライプがよく見られます。
集団ストーカーが始まって、私が通っていた散髪屋のカラーポールが、急に赤・白2色になりましたが、これも薔薇十字と関係あるのでしょうか(笑) 


ルドルフ・ゼボッテンドルフとトゥーレ協会


ナチスと日本の関係


日本の八咫烏関係組織と思われる緑龍会は、ナチスに多大な影響を与えました。
現代でもこの勢力は関係が深いです。

緑龍会


上記の勢力は現在の日本に、多大な影響を与えています。
麻生のナチス発言も偶然ではありません。また、麻生批判やオリンピック批判で、私の集団ストーカーが始まったのもたぶん関係しています。



【大日本帝国の最高統帥機関であった大本営=大本教だった訳ですが、何か?】

大本

※大本(教)のマークに注目。大本は中国で世界紅卍字会と連携しています。日本会議も、ここと関係が深いです。


カルトの大本や、白龍会と繋がる世界紅卍字会とは?

紅卍字


大本(教)の予言書に日月神示があります。その元ネタは中国の道院にあります。
大本は九鬼家から生まれた組織のひとつといわれています。
九鬼家は、明治維新以前からイエズス会と深く繋がっていました。

つまり、日月神示というのは、オラニエ = ヘッセン勢力のイエズス会と、日本の皇道大本系の合同スケジュール表なんです。
彼らの千年王国樹立計画が予定道理進めば、日月神示は予言となるというわけです。
世界政府樹立に反対する人は、日月神示は信じないようにしましょう。

私は今回調べて、なぜ白龍会周辺の人間が集団ストーカーシステムに対するデマ情報を流すか、完璧にわかりました。
つまり、加害者側と深く関係している組織なのです、理由がわかれば単純です。

※白龍会、緑龍会、大本、大日本皇道立教会、堀川裏天皇、満州、世界紅卍字会、ナチス、すべて繋がっています。



九鬼家


九鬼家の家紋大本 マーク
九鬼家の家紋は●が9個あります。大本のロゴには●が10個あります。

(略)

「南北に分かれた藤原の一方が、吉野の南で姓を変え、七曜に2星を加えた9星を紋とした奉公衆。先祖を辿ればレビ族という彼らの概念は、日韓混合宮家の動機と一致します。更に1星を加えた10星を紋とする一族(大本)が教祖を務める一派は、ここの枝に過ぎません。」と。
南北に別れたもう一方は三位一体、エジプト派だそうですが・・。

(引用終わり)


ナチスのシンボル 資料


卍とハーケンクロイツ -卍に隠された十字架と聖徳の光-


アーリア至上主義 資料

アーリアン学説 Wikipedia

ナチスの「人間改良計画」

あなたはアーリア人?

アーリア人種とユダヤ民族の対立をつくる



管理人コメント

皇道大本周辺がナチス残党を手を組み、未だにネオ満州計画を狙っているという事ですね。
スポンサーはイエズス会。

そういえば、私が肉体を遠隔操作され、強制的に旅行させられた出雲も地祇系であり、出雲の千家は大日本皇道立教会の副会長だったんだ。私が見た地球性UFO or 立体ホログラムもこの勢力によるものでしょう。
以前、私の脳に対するメッセージが大本臭いと書きましたが、本当に繋がっていたとは(笑)

地球製 UFO

最近、すべての謎が一本の糸となって繋がってきています。創価学会もこの系列から生まれました。

ロスチャイルドが神代文字に関心を寄せ、「国際縄文学協会」の名誉理事にジェイコブ・ロスチャイルドの三女、エミリー・ロスチャイルド・アットウッドが就任しているのも偶然ではないかも知れません。

トゥーレ協会やナチスを援助したのは、タクシスやウォーバーグなど、黒い貴族です。
やはり、この連中が自らを神として、ナチス周辺勢力を高級奴隷として残し、人類の9割を殺し、残りをテクノロジーで家畜人間にする計画だと思います。

集団ストーカーシステムはそのための総合的な人体実験ではないでしょうか。
そして、最も脅威なのは日本政府、及び警察・自衛隊がこれに協力していることです。
これは相当やばくないですか? 


おまけ

以前私の記事に頂いたコメント

共謀罪 (テロ等準備罪) が 衆院通過!!

ご親切ですな

ご親切にも、『公安さん、このTwitterですよ』とばかりに、テロ等準備罪成立時、要注意となり得る人物を教えているブログ主が、貴殿ですか。

那智

(引用終わり)

私が気になったのは「貴殿」という言葉ですね、この言葉は日本の裏側の人物がよく使うようです。また、那智(ナチ)という単語も意図を感じます。こういう人物が日本中にすでに存在していることを読者さんは知るべきですね。
上記のコメントからは、警察国家に早くしたくて、うずうずしている感じが伝わってきます。




ナチスは戦後、バチカンの助けを借りてアメリカへ。

八咫烏‏ @takayukiway
米カリフォルニア州サンディエゴ近郊コロラド海軍基地兵舎。
Paper Clip Project
第二次世界大戦末から終戦にかけ米軍がナチス優秀人材を米国や南米に極秘移送した作戦コード。
BZkoGL9CMAI0Dnv.jpg
https://twitter.com/takayukiway/status/403397728526282752


八咫烏‏ @takayukiway
1916年NSAはリバーバンク遺伝子研究所遺伝子情報解読部が暗号部として独立、英MI6を手本に当初MI8と呼ばれヒトラー支援及びIGファルべンと共同で生物化学兵器研究しアウシュビッツ使用ガス•チクロンB開発。IGファルベン本社内にNSA欧州本部があった。NSAは元々ナチス一部。
https://twitter.com/takayukiway/status/359701327674220547

「I・G・ファルベン社」とナチス

●「I・G・ファルベン社」は、1925年にドイツの8大化学会社が合併して設立された、従業員13万人の巨大企業である。

(引用終わり)

※黒い貴族である、タクシス家、ウィンザー家、ヘッセン家は、ドイツ出身です。



関連記事

支配者層による血統管理と集団ストーカー

スーパーコンピュータ BEAST(獣) について

【ナチス】 国家保安本部 第4局 秘密警察 ゲシュタポ とは? 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。