FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優生学について

優生学 Wikipdia

優生学(ゆうせいがく、英: eugenics)は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される[2]。1883年にフランシス・ゴルトンが定義した造語である。

優生学は20世紀初頭に大きな支持を集めた[3]。その最たるものがナチス政権による人種政策である[4]。しかし、多くの倫理的問題を引き起こしたことから、優生学は人権問題としてタブーとなり、第二次世界大戦後は公での支持を失っていった。

(引用終わり)


ナチスとアメリカの「優生思想」のつながり

ナチス・ドイツの「優生政策」の実態



コメント:

本物の優生学は多様性をはらんでいる。
個体の優性を判断するのは、人間の脳でしかない。人間の脳が判断する優性と、自然(現実)の優性は関係ない。人間に、何が優性かを正しく判断する能力はない。

優生学には、ある種の人々を引き付ける魔力がある。
それには必ず欲望を肯定したいという、無意識が働いている。

知能指数の高い脳は、高性能な乗り物によく似ている。
いくら機体の性能が良くても、パイロットがバカでは仕方がない。

優生学に取りつかれる人間の多くは、高い知能を持ったバカだと私は経験上判断する。
他者への想像力が働かない人間が増えれば、世界は終末へ近づくだろう。
今の人類に必要なのは、想像力と自らと違う性質を受け入れる寛容性だと私は考える。

寛容は多様性を生み、総体としての人類の能力を底上げさせる。
誤った優性思想は、総体としての人類を退屈なものにさせると同時に、絶滅の確率を高めてしまうだろう。
人類総体の保存を考えた時、少なくとも過去の優生学は必要ないと私は断言する。





memo

ナチスの「人間改良計画」

ナチス・ドイツの人体実験 Wikipedia

「集団ストーカーの基礎」頭脳民族:デーン人神官団の歴史


デーン人はともかく、将来有害になりそうな存在の芽を摘んでおくという発想がまさに、集団ストーカーシステムと、近代優生学の特徴を表していると感心してしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。