FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回被害者討論会 大阪 by リラックス 

大阪討論会2017-11-13

※Youtube動画です。


個人的には、リラックスさんの企画で一番好きなのが討論会です。
非常に、あるあるが多くて共感できました。

私は基本的に動画は部分しか見ないのですが、久しぶりに全編見てしまいました。
皆さんにも、おすすめです♪





※私的な意見ですが、テクノロジー犯罪はやはりCIA、NSA、DARPA、FEMAなどが主体であり、その基本方針はダヴィストック人間関係研究所などのイルミナティ系シンクタンクが考えているのだと思います。そこに、日本政府、自衛隊、警察の一部が協力しているのでしょう。創価学会が集団ストーカーシステムに関与しているのは確実だと思いますが、末端の下請けの1つに過ぎないです。思考盗聴、肉体の遠隔操作などの技術は基本的に軍事技術です。すべてを創価学会のせいにするのは、基本的な情報工作であり、多くの被害者がそれを真に受けてしまっていると感じています。

※私の集団ストーカーに関与している人物の中にも創価学会員がいるのは事実です。ですが、誰にでもできる程度のいやがらせしかしていません。また、私の自宅及び、田舎の家の近所にも集団ストーカーが始まって公明党のポスターがやたら張られました…が、そのポスターが張られた家の中には、確かに創価学会員の家もありますが、本当に創価学会の家か極めて怪しい建物も複数存在します。ポスターだけで創価学会と判断するのは、止めておいた方がいいでしょう。

※創価学会員とのトラブルが原因で集団ストーカーが始まる人は実際に多数存在します。しかし、私の様に創価学会とは全く関係ないところから被害が始まった人も多いです。原発関係でも被害が始まった人もいます。創価学会に対する認識は、その被害の始まるきっかけが大きく関係していると感じています。

※今回紹介した動画について…一般の方には少し理解できない部分もあるかもしれませんが、平均的な集団ストーカー被害者がどの様な人々かを理解して頂くにはよい資料だと思います。




関連記事

”正に被害者であろう動画”

集団ストーカー 一般人向け 動画資料 ※日本語字幕

【動画資料】集団ストーカーの証明シリーズ!

【動画資料】茨城県取手市「組織集団ストーカー犯罪」実行加担者 自供編&確保編

ドレファス作戦(Operation Dreyfus)と集団ストーカーに関する情報工作の類似性

リラックスさんのブログ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。