FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカーは、権力者の人間マスゲーム

座間に関する記事のあと、被害が非常に強まっています。
先日、脳を焼かれる様な攻撃がありました。
その後、体中の血管が青く浮かび上がり、高熱が出ましたが今は回復しています。

今回、体感してわかったのは、加害勢力は私を殺すのではなく利用が目的だということです。
脳を破壊しつつ、人間ラジコンに改造して、その後、何かに利用する気の様です。

肉体の遠隔操作を記事に書くのは、一般読者の理解を得られないため止めようと考えていましたが、どうやら、政府、軍、諜報機関、秘密結社、研究者の一部はこの技術を知っているようなのであえて書くことにします。

加害勢力は、時間をかけて私の脳を改造するつもりの様です。
おそらく、その段階では私のブログは意味不明になり、集団ストーカー被害を訴える人間はやはり統合失調症だ…というシナリオなのでしょう。

もし、私のブログが意味不明になった場合は、損切をして使える部分だけ利用してください。

さて、本題に入ります。



集団ストーカーの被害を数年受けて分かったことは、末端加害者はただ命令を受けて実行しているだけの家畜人間だということです。

私の被害の場合、私に対する悪意すら感じられません。
信じられないことに、悪意もないのに、ただ命令に従い嫌がらせをしているだけなのです。

そこで、もう一度、集団ストーカーに関与している組織を考えてみます。

集団ストーカー及びテクノロジー犯罪に関与している組織は、軍、諜報機関、警察、カルト宗教、などなど…。
共通するのは自己意思よりも命令を優先する人間の集合体という事です。
技術レベルやコスチュームが異なるだけで、核となる命令を実行するという部分では同じです。
(本当は、古代より権力者の汚れ仕事を行っていた人間の集合体であり、それが様々な組織の入れ物に入り込んでいるだけなのでしょう。その本質は、傭兵だと感じています。)

これらの人間は、いわば権力者のコマなんですね。
集団ストーカーには、人間マスゲームの側面があります。

マスゲーム Wikipedia

人間将棋 Wikipedia

将棋に例えると、こちらはコマが1つしかないのに、加害勢力は、ありとあらゆるコマをあふれるほど所有しており、いつでも詰ませることができるにも関わらず、大手を続けている様なものです。


YouTube マスゲーム




組織テロのゲーム化

集団ストーカーの本質は、組織的な一般市民へのテロですが、末端工作員の罪悪感を減らすためにゲームの要素を取り入れているようです。
最近はやりのクエストゲームというやつです。

与えられた嫌がらせのお題をみんなでクリアして、ポイントをGETというわけです。

末端加害者は若いほど、何も考えていない頭が軽そうなのが出てきますが、年齢が上がるにつれ人相が非常に悪くなってきます。ある年齢から、内面が顔に出るからでしょうね。

私はある日、いつも嫌がらせをしているグループが何もしてこないので耳を澄ませていると、
「台本がまだ来ていない」
と話していました。

つまり、役者に過ぎないのです。
嫌がらせは無視が一番です。

この犯罪の一番の問題はテクノロジーによる遠隔拷問です。
何度も書いてきましたが、私の場合、体感被害の9割がテクノロジーによる拷問です。

※本当は、いくつか資料を載せる予定でしたが、本日は体調を優先して記事を早めに切り上げます。














※ここからは観覧注意

肉体を遠隔操作されて借りたアニメ「ハーモニー」

トラウマ映画かつ、洗脳シーンが多いので見ないほうがいいです。
ナノマシンにより肉体を遠隔操作され自殺するシーンがあります。
一瞬ですが、日本が世界生府領と表示されていました。


残酷シーンが多いので一般人は見ないほうがいいですが、ナノマシンによる人類支配に関心がある人には資料の側面もあるので、予告だけ張っておきます。

「ハーモニー」劇場本予告


私は、人類の9割を殺すとしたらやはりナノマシンが利用されると考えています。
FEMA計画は生きていますが、恐らく首謀者は完全には成功するとは考えていないでしょう。
ナノマシンを利用した遠隔集団殺人、その後、偽宇宙人を利用したごまかし…こちらが本番のような気がします。

水道民営化やスマートメーターの復旧も、この計画と無縁とは思えません。
ナノチップは他人事ではありません。

抗がん剤へのマスタードガス混入、子宮頸がんワクチンへのペット用避妊材混入、人工甘味料という名の毒物の飲食物への混入。これらはすでに行われています。何故、ナノマシンだけは混入されないといい切れるでしょう。

私から末端加害者への警告は、あなたももちろん処分される側ですよ…。という事です。
命令を聞いていれば、安全だとは行きません、最後は利用され捨てられるのです。
今のうちに、内部告発して罪を犯すのを止めましょう。

大摩邇(おおまに) マイクロチップ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。