FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ⑧集団ストーカー 海外の被害者団体とコミュニスト勢力圏

海外の対策団体・活動家

< 2017年、G20サミットへ嘆願書を送った世界17団体 >
 日本で言うとNPOテクノロジー犯罪ネットワークにあたるような世界中の被害者団体です。

Australia(オーストラリア)
The Worldwide Campaign Against Electronic Torture, Abuse And Experimentation
(電子拷問、虐待、実験に反対するワールドワイドキャンペーン)

Belgium(ベルギー)
ICATOR – International Coalition Against Electronic Torture And Robotization of Living Beings
(ICATOR – 電子拷問と生き物のロボット化に反対する国際連合)

Canada(カナダ)
Toronto Targeted Individuals
(トロントTIの会)

China(中国)
Worldwide Campaign to stop the Abuse and torture with mind control technologies
(マインドコントロール技術による虐待や拷問を阻止するワールドワイドキャンペーン)

Czech Republic(チェコ共和国)
Spolek za zákaz manipulace lidské nervové soustavy radiofrekvenčním zářením
(無線照射によるヒトの神経システムの操作を禁止する会)

Europe(ヨーロッパ)
EUCACH European Coalition Against Covert Harassment
(EUCACH - 隠ぺいされたハラスメントに反対するヨーロッパ連合)

France(フランス)
ADVHER - Association de Défense des Victimes de Harcèlement Électromagnétique et en Réseau
(ADVHER - 電磁波と組織ハラスメントから被害者を守る会)

Italy(イタリア)
ACOFOINMENEF (ex-AVae-m) Associazione contro ogni forma di controllo ed interferenza mentale e neurofisiologica
(ACOFOINMENEF [ex-AVae-m]、精神と神経生理のあらゆる操作と妨害を禁止する会)

Japan(日本)
TCVN Technological Crime Victims Network
(NPOテクノロジー犯罪ネットワーク)

Nederlands(オランダ)
STOPEG - Foundation STOP Electromagnetic weapons and Gang stalking Nederlands
(財団法人 ストップ電磁兵器・ギャングストーキング)

Poland(ポーランド)
STOPZET - Stop Zorganizowanym Elektronicznym Torturom
(STOPZET - 組織化された電子拷問に反対する)

Russia(ロシア)
Stop organized electronics tortures and killing weapons on new physical principles - Moscow Committee for the Ecology of Housing.
(新しい身体主義における組織電子拷問と殺傷兵器の阻止 - エコロジーオブハウジングモスクワ委員会)

Sweden(スウェーデン)
White TV
(ホワイトTV)

United Kingdom(イギリス)
Les London End Stalking
(ロンドンストーキングの終焉)

United Kingdom(イギリス)
TIA Targeted Individuals Association
(TIA - TIの会、個人標的型犯罪協会)

United States of America(アメリカ)
ICAACT - International Center Against Abuse of Covert Technologies
(ICAACT - 隠ぺいされた技術による虐待に反対する国際センター)

United States of America(アメリカ)
PACTS International - People Against Covert Torture and Surveillance, International
(PACTSインターナショナル - 隠ぺいされた拷問と監視に反対する国際組織) 2017/7/10

< 参考 >
被害者団体の署名入り嘆願書 ハンブルクG20サミット|newchamのブログ

(引用終わり)



【北朝鮮の緊張 実は韓国を解体する】

コミュニスト

コミュニストは、他国の革命運動、敵対企業の弱体化(組合活動)等を使命としている悪の存在です。
マルクス、レーニン主義、チェコ秘密警察、イルミナティ、フリーメイソン、ナチスト、シオニスト、アーリア民族至上主義者・・・
どれもこれも同じ範疇に括るには矛盾しているようですが、これらはすべてコミュニストの一部なのです。同一の目的で、同じ連中が創ったものです。

これら背反する主義思想を世界に蔓延させ、対立、混沌、無政府状態を作り出し、民衆に「世界統一政府しか解決策はない。」と思わせ、千年王国の再来を目指すというのがコミュニストの至上命題です。

(引用終わり)


オラニエ = ヘッセンのファイブアイズ

UKUSA協定 Wikipedia

UKUSA協定(ウクサきょうてい、英:United Kingdom – United States of America Agreement)とは、アメリカ合衆国の国家安全保障局(NSA)やイギリスの政府通信本部(GCHQ)など5カ国の諜報機関が世界中に張り巡らせたシギントの設備や盗聴情報を、相互利用・共同利用する為に結んだ協定のことである。かつては秘密協定だったが、現在は条文の一部が公開されている。なおUKUSA協定グループのコンピューターネットワークはエシュロンと呼ばれている。

協定締結組織

共通点は、イギリス帝国の植民地を発祥とするアングロサクソン諸国の機関であること。英語: Five Eyes とも呼ばれる。
アメリカ合衆国 - アメリカ国家安全保障局(NSA)
イギリス - 政府通信本部(GCHQ)
カナダ - カナダ通信保安局(英語版)(CSEC)
オーストラリア - 参謀本部国防信号局(英語版)(DSD)
ニュージーランド - 政府通信保安局(GCSB)

(引用終わり)

オランダは、コミュニストであるオラニエ = ナッサウの土地。


EUとタクシスの本拠地、ベルギー

ナチスのルーツ

チェコ秘密警察

中国 世界連邦運動と関わる漢民族と客家の一部

イタリア

バチカン、イエズス会、ロッジp2、サヴォイア。

フランス

フランスはフリーメイソンの拠点の1つ

フリーメイソン フランス大東社

ロシア

ロシアはイルミナティの拠点の1つです。
アメリカのFEMA計画が発動した時、アメリカ人を虐殺するのはロシア人傭兵部隊だといわれています。
ロシア人というより、ロシア内部の旧ソ連と・ドイツ秘密情報部と関係が深いコミュニストの傭兵部隊が関わっているのでしょう。


日本

コミュニスト及び、コミュニストと同族の渡来人集団の植民地。
天皇家の背後にいる勢力と、コミュニストは同族であり、共同で日本を植民地化している可能性が高い。

コミュニストはシオニスト運動のスポンサーでもある。
集団ストーカーシステムが、世界政府樹立及び、他民族の科学的家畜化計画の実験であるのは間違いない。
ただ、集団ストーカーシステムは世界に広まり、上記以外の勢力も関与している可能性がある。

世界最大規模の集団ストーカーシステムは、コミュニストが所有しているのは間違いないが…。


その他

ポーランド Wikipedia

スウェーデン Wikipedia


※集団ストーカーシステムが蔓延している国家は、ドイツ秘密情報部、旧ソ連、イエズス会いずれかが強い影響力を持つ国が多いと感じる。(私的意見)


【最重要】 ナチス = シオニズム(破壊主義的共産主義)と集団ストーカー



追記

この記事を執筆している時、机の上の空のビール缶がひとりでに右方向に動き始めた。(数秒)
強力な磁気を利用したテクノロジーが使われたのかもしれない。
磁気は脳のスキャンにも利用されることがある。



被害おやじさんは、フィリピンでも嫌がらせを受けたようです。
フィリピンもコミニュスト勢力圏なので、手が回ったのでしょうね。

フィリピンでの嫌がらせ

【イエズス会の国フィリピン 笑えない日本・・・】


※管理人はシオニスト勢力の、世界政府樹立計画に反対しています。
 ですが、米国北軍派勢力も完全な正義だとは考えていません。
 
※海外被害者サイトのURLをご存知の方は、こちらにコメントして頂けると助かります♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。